[PR]

頭皮が気になる方は頭皮臭いシャンプーをお試しください。

分離症を早く治したいと思っている方へ朗報です。

運転手に多い腰痛について

運転手の方には腰痛をお持ちの方が多いです。というのも、車の運転と言うのは腰に結構大きな負担がかかっているんです。

運転手は座りっぱなしなんだから楽じゃないのか、と思われがちですが、実は座っている姿勢の方が、立っている時よりも腰に負担がかかっているんです。

運転手がお仕事の方は当然、長時間運転席で座りっぱなしですから、非常に腰痛になりやすい状況なわけです。また、運転手は、腕と足をそれぞれ伸ばした姿勢のままで長時間を過ごすことになります。運転手は中途半端に足と腕を伸ばしている状態なわけですから、このような姿勢をずっと続けるのは、筋肉が固くなって血行不良になりやすいです。

さらに運転手の方が腰痛になりやすい要因として、車の振動があげられます。この振動によって常に身体に刺激を受けていますので、運転手の方は周辺の筋肉を緊張させ、炎症などを起こす可能性があります。

ここまでだけでも運転手という仕事で腰痛になる可能性は高いのですがさらに、車は足でアクセルを操作します。つまり、しっかりと両足を地面につけて座るという体勢が取れません。不安定な体勢で座ることになるので、運転手はさらに身体のバランスを崩しやすいのです。

とはいえ、トラックの運転手やタクシーの運転手など、仕事である以上は車に乗らないというわけにもいきません。ですので、運転手の方はできるだけ腰痛を発症しないよう、前もって工夫と対策を行うようにしましょう。

腰痛は、予防することができます。負担がかかったのであればかかった分の疲労を回復しやすいように対策をとったり、できるだけ身体に負担がかからないような工夫をするなど、運転手を続けながらでもできることはいろいろあります。

まず、シートの位置や高さを自分にぴったりと合う位置に調整しましょう。高さの調整できない車の場合には、クッションなどを利用することも考えるといいです。

高すぎるとブレーキに足が伸ばしにくくなり、身体を前にずらす形になってしまうので余計に腰に負担がかかってしまいます。また、足が伸ばしにくくなれば当然ブレーキも踏みにくくなるので、安全性の面からもこれは絶対に避けたいところです。

しっかりと深く座った状態で、ちょうど良い位置というのを自分で調整しましょう。浅く座るのは一見楽なようにも思えますが、実際には腰に負担をかけやすい体勢なので、気をつけてください。

また、たいてい運転手の方はアクセルとブレーキの操作を右足で行うと思いますが、そうすると左足で体を支えて右足は浮きっぱなしと言う状態になるため、運転手の方はどうしても重心が左に寄ってしまいます。

このように重心が傾いた状態を長く続けるのは身体のアンバランスを招き腰痛を発症、悪化させてしまう可能性が高くなりますので、運転手の方は意識して左右に同じように体重をかけるようにしてください。

他に座る時には、丸めたタオルやクッションを利用して、お尻が膝より少し下に沈むような体勢にすると楽に運転ができます。

姿勢は、猫背にならないように気をつけてください。デスクワークでも良く言われますが、前屈みや猫背の姿勢は非常に腰痛を悪化させやすいです。背もたれを倒し過ぎずまっすぐにし、シートにしっかりと背中をつけて深く座るようにしてください。

また、どんなに工夫していてもやはり、長時間同じ姿勢で座っている運転手は腰痛に非常に悪いです。時間を見てこまめに休憩し、軽くストレッチなどを行うようにしてください。

渋滞などで長時間降りることができない場合には、止まっている間に軽く手や腰を伸ばしたりなど、運転手の方が座ったままでできるストレッチもいろいろあります。

運転手は腰痛になりやすい環境ですが、運転手を続けながらできる工夫はたくさんあります。腰痛は、一旦発症してしまうとなかなか治りにくいものでもあるので、運転手の方は事前の予防と対策をしっかりと行うようにしましょう。

お薦めサイト一覧

脊柱管狭窄症でお困りの方は腰部脊柱管狭窄症NAVIがお薦めです。

頚椎ヘルニアで悩んでいる方は頚椎ヘルニア専門サイトを一度ご覧ください。

ブロック注射について詳しく知りたい方はブロック注射119番がお薦めです。

椎間板ヘルニアでお悩みの方は腰椎椎間板ヘルニア119番がお薦めです。

新着情報

 2016年08月28日:血圧から生活を見直す
 2016年08月23日:手術の前にできること
 2016年08月23日:腰部脊柱管狭窄症について