運転手の腰痛を防ぐ会 » ブロック注射について

ブロック注射について

ブロック注射と言う医療の技術があります。これをすることで、医療関係の随分と楽になるので、このやり方を実際にやっている医師がいますね。

ただし、このブロック注射をすることで病気が治るわけでは無く、あくまでもこの注射は麻酔関係に属するやり方なため、ブロック注射をしたからといって、確実に病気を無くせるわけでは無いので、ブロック注射をする場合は、しっかりと医師の説明を聞いて判断してくださいね。

ブロック注射と言っても実は様々の注射があり、それを総じてブロック注射と言います。故にブロック注射はブロック注射でもいろいろなやり方があるので、注意しましょう。

主に大法的なブロック注射は、神経ブロックやトリガーポイント注射などが挙げられます。どれも上記で説明したように麻酔関係のやり方で、部分的に麻酔をして治療をしていきます。

神経ブロックは、その名で少し推測できるように神経に麻酔の注射をしていきます。コレにより、痛覚などを抑えて血流を良くしていくでしょう。神経といっても場合によっては神経の周囲や神経そのものに注射をすることがあります。

麻酔効果時間は、約5~20で、部位によっては上がったり、下がったりするでしょう。これのデメリットが神経を傷つけることがあるので、注意しないといけません。

と言ってもキチンと医師の技術があれば最小限で済むので、問題ないでしょうね。要するに医師の技術がなければ大変なことになるとも言えますので、しっかりと医師を選んでください。

次にトリガーポイン注射は、簡単に言ってしまうと押して痛いところにする注射です。要するに、触れて痛い部分を圧痛点と言うのですが、この圧痛点が原因で痛みを出していることが多いので、これを和らげるために麻酔を打ちます。

このように、ブロック注射があります。やり方が様々あるので、しっかりと医師に説明を受けましょう。