運転手の腰痛を防ぐ会 » 首に打つ場合の手順

首に打つ場合の手順

恒常的で激しい首の痛みの症状がある場合で、薬物療法や物理療法が中々効果を持たなかった時にお勧めなのが、星状神経ブロック注射です。

そもそもブロック注射とは痛みを生じている部位の神経やその周辺に局所麻酔薬を打ち一時的に神経を麻痺させることで、痛みという信号が伝えられるのを遮断します。

正確に表現すると、痛み自体は存在していてもその痛みを実際に感じ、認識するために必要な情報を遮断するという方法です。このブロック注射の中で前述にもありますが上半身の病気に対して高い効果を持つと言うのが星状神経節ブロック注射です。

この場合、首の付け根にある星の形をした神経の塊に局所麻酔薬を作用させるもので、高い鎮痛効果と即効性を持ちます。

先程の既述のように上半身の病気に効くので、ブロック注射はヘルニアや頭痛、顔面麻痺、五十肩などの症状の場合にも用いられます。その治療方法ですが、まずベッドで横になります。そして肩の下に枕を置き少し首をそらせるようにし力を抜きます。

その姿勢で医師がのどぼとけ下の気管の横、左右のどちらかにブロック針を刺入し、所定の位置まで針先端が到達した後に局所麻酔薬を注入します。

無事ここまでの処置が終わると首や肩、背中の筋肉が麻酔によりほぐれてきて、手先が温かくなり痛みが和らいできます。大抵は治療後、15~30分ほど安静にするように言われるので、医師の話をしっかりと聞いて下さい。

この間に何か特別な異常が見られなければ治療が完了します。この時注射した側のまぶたが重くなること、目が充血することや鼻が詰まることがありますが、治療上に生じるものなので心配は要りません。時間がたてばしっかりと元に戻ります。