運転手の腰痛を防ぐ会 » 股関節を柔軟にする

股関節を柔軟にする

股関節ストレッチとは、股関節を柔軟にするための体操法です。股関節は、上肢と下肢を繋ぐ大切な部位であり、また運動や歩行などでも要となって機能しますので、柔軟性を保つことはとても大切です。

また、股関節は加齢とともに徐々に硬さを増し、放置しておくとその負担も徐々に増してきますので、将来の不安を解消させるためにも、股関節ストレッチは重要な役目を担います。

また、股関節のストレッチは、腹部のダイエットにも大きな効果があります。もちろんエクササイズをして腹筋や背筋を鍛えることも大切ですが、ストレッチをすることで、便秘の解消やデトックスなどの効果も期待でき、よりスマートなダイエットへと導く結果に繋がります。

ヨガでもあぐらのようなポーズをよくとりますが、このポーズは座ってから足の裏をつけて、股関節を広げてストレッチする方法です。

実践する場合に注意しなければならないのが、反動や勢いなどは決してつけないようにすることです。ゆっくりと伸ばしていき、これ以上やると痛みが出るだろう、伸びきっている、と感じるあたりでストップさせるのが最も効果的です。

また伸ばす際には息をゆっくりと吐き、また戻す際にはゆっくりと鼻から吸い込むようにするのがベストです。回数をこなしていけば、伸びや角度にもより幅が出てくるのが実感されます。

この場合はそのままで問題ありません。効果が現れている証拠ですので、そのままより幅を広げていくことを目標にするとストレッチがよりしやすくなってきます。

日常生活の何気ない行為、例えば立っている際に左右のどちらかに体重をかけていたり、足を組んで座っていたりすると、骨盤が歪みやすくなります。

また、中川式ストレッチングベンチなどで股関節周りの筋肉を鍛えることを併用すると、より体のバランスを改善する効果をアップさせます。