運転手の腰痛を防ぐ会 » すべり症と病院

すべり症と病院

すべり症は腰椎分離症が原因となって発症する腰痛です。この症状になった方のうち3割の方が移行するという統計データがあります。

腰椎は上から5つが積み重なっていますが、そのうち最も下にある第五腰椎が最も発症しやすい部位です。理由は4、5番目の腰椎が正常な状態でも前へずれやすいような位置にあることであるといわれます。

腰椎分離症の原因は思春期から激しいスポーツなどをすることによる疲労骨折が最も多く、症状がさらに悪化し、腰椎が前方あるいは後方へとすべってしまっている状態をすべり症といいます。

すべり症にはヘルニアのような突発的で激しい傷みはありませんが、運動や偏った姿勢での仕事、長時間におよぶ立ち姿勢などによって慢性的な腰痛になったりまたはそれらが増強していくのが特徴です。

すべり症に特定の症状はあまりなく、腰痛の他には臀部の痛み、大腿部の傷み、分離椎体の傷みなど、様々な傷みが起こりえます。またレントゲンでの診断でも容易に発見が可能ですが、病院では詳細をチェックするためにCTやMRIなどの技術を用います。

病院でのすべり症の治療方法はそれほどの傷みがあるわけではない、というケースでは安静にしたり姿勢を正したりすることで矯正される場合もありますが、生活が困難なレベルになりますと、患部にコルセットなどの装具を装着したり、鎮痛剤を服用することもあります。

ブロック注射によって自然治癒する方法もあります。一般に、すべり症は正しい姿勢を身につけることがもっとも重要であり、また、腹筋などの筋肉を鍛えることによってコルセットとしての役割を与えることが効果的であるといわれます。

すべり症があっても痛みは全く無く、激しい運動を継続できるという方もいますが、このような方は筋肉が十分にコルセットとして機能しているのでしょう。

常に運動できるようであれば問題はありませんが、なかなか運動をする時間も取れない、という方には仕事ついでに水泳などのジムに通うことを勧める医師も多いようです。