運転手の腰痛を防ぐ会 » 脊椎分離症の手術

脊椎分離症の手術

分離症のリハビリ方法は病院によって異なりますが一般的には、コルセットを装着して立つ練習や2~3日後には歩行器を使って歩く練習など退院までの間は理学療法をしながら歩く距離を伸ばしていきます。

このように早期から座ったり歩いたりすることで安静による筋力の低下やコルセットによる体幹筋力の低下を防ぐとになります。退院後は分離症の症状が安定するまではコルセットを着用し杖や歩行器が必要になることもあります。

そして体内の金属などは脊柱と補強した骨が一体化する半年~1年後くらいで取り出しますが最近の金具は医学の進歩によって体との親和性が高いので取り出さずにそのままにしておくことも多いようです。

分離症の手術費用については手術方法や範囲、医療機関によって室料や入院費も異なりますし、医療保険の種類によっても変わってきますので医療相談窓口などで聞くのが良いでしょう。

現代は医療がすごく進歩したことで分離症の術後の痛みや身体への負担が軽減され、入院期間も短縮されました。ですから手術に不安を感じる必要もないのであきらめずに治療できると思います。

もちろん、負担が軽減されたとはいえゼロになるわけではありません。実際に行動に移す前には、前準備や下調べをきちんと行うようにしましょう。

分離症の治療に対する技術の低い医師が行った場合、上手く治らなかったり、後遺症が出る場合もあります。できるのならば、ネットだけでなく口コミなどでも情報を集め、名医と呼ばれる方の診察を受けられるように手配しましょう。