運転手の腰痛を防ぐ会 » 腰部脊柱管狭窄症について

腰部脊柱管狭窄症について

腰部脊柱管狭窄症という言葉は時々聞きますが、そもそもいったいどのような病気なのでしょうか?脊柱管の中には神経が通っていて、その神経を通す空間が脊柱管と呼ばれていますが、その内部が狭窄を起こすと、腰に痛みやしびれ出ます。

腰部脊柱管狭窄症は骨の老化によりなどにより、脊柱管が狭くなり、神経を圧迫することで起こります。神経が圧迫されるから腰が痛いとか、足が痛いとか。このような症状がでます。

ですが、この病気の怖いところは、動かない状態だと症状があまりでないところにあります。歩いていて痛みを感じ、休むと、痛みは軽減・消失していきます。

また腰を反らすような動作をすると痛みますが、前かがみになると楽になるのも特徴です。このため、休むと楽になるからと病院などにかからないまま、少しずつ悪化していって、どうにもならなくなって、やっと病院に行くという方もいます。

ですがそこまで悪化してからではもう、完治は望めません。腰部脊柱管狭窄症は早期治療・早期発見が大事なのです。

また、腰部脊柱管狭窄症は中高年の方に多く発症すると言われています。若いころから腰に過度の負担をかけていた人、また逆にあまり筋肉を使ってこなかったために筋力が低下して起こる人もいます。

理由はさまざまですが、予防は可能です。若いうちから適度に身体を動かすことです。もし症状に心当たりがあれば、早めに受診するようにしてください。