運転手の腰痛を防ぐ会 » 手術の前にできること

手術の前にできること

最近「腰が痛い」そう思うことありませんか?このような症状がある方は、まずヘルニアなんじゃないかと思うでしょう。

ですが、脊柱管狭窄症という疾患の可能性もあります。と言っても、まずこの脊柱管狭窄症がどういったものかよくわからないという人も多いでしょう。この、最近増えてきているこの病気は、どのようなものでしょうか?

私たちの身体には、身体を支えてくれている脊柱(首からお知り辺りまで)と呼ばれる骨があり、その骨の中には脊柱管と呼ばれるものがあります。

脊柱管の中は神経の通り道になっているのですが、脊柱管狭窄症の方は脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されてしまっています。

その圧迫によって、冒頭で書いたような「腰が痛い」という症状が出るのです。このように脊柱管狭窄症の患者さんは、確かに腰痛を訴える方が最も多いのですが。他、歩行障害・手足の痺れや痛み・排泄障害など症状はさまざまあります。

それではこの脊柱管狭窄症はどのように改善していけばいいのでしょうか? 骨だとか神経だとか聞くと、手術を連想する方もいるかもしれません。

ですが実際には、脊柱管狭窄症はすぐに手術となるような病気ではありません。確かに重症化すれば可能性は出てきますが、発症したからすぐ手術ということにはなりません。

たいていの場合、まずはリハビリや運動、マッサージなどの保存療法から始めます。狭まった脊柱管を広げることから始めるんですね。