運転手の腰痛を防ぐ会 » 二つの治療方法

二つの治療方法

頚椎ヘルニアを患ってしまうと、頚椎部分の神経が圧迫されその圧迫される神経によって身体の様々な箇所で症状が発生します。

神経が圧迫されることによる症状として、痛みやしびれといったものが多くなっています。ではこの頚椎ヘルニアの治療法をこのページではご紹介していきます。

一般的に治療法は大きく分けて二つの手法があり、それは直接的な方法と保存的な方法の二つで、直接的なやり方は外科的手術を行うことで患部の状態を、つまりはヘルニアの状態を治そうとするものです。

しかし、頚椎ヘルニアにおいてはこの直接的方法が選択されることは少なく、実際には後者の保存的な方法が選択されています。

保存療法とは症状により適用される処置が変わってきます。現在の状態が急性期の激しい痛みを伴う場合にはとにかく安静にするという処置が取られます。

この際には痛みを鎮めるために鎮痛剤や神経ブロック注射を用いて痛みを和らげる場合もあり、とにかく急性期の症状を落ちつかせます。急性期を過ぎ慢性期へと症状は移っていきますが、それからは実際に積極的な保存的治療を取り入れていきます。

保存療法の目的は、様々な手法を用いてこれ以上症状が悪化しないように、痛みを和らげるように出来る限り症状を改善できるように筋肉の強化などを行っていきます。

具体的な治療法を挙げていくと、まずリハビリテーションと呼ばれるようなストレッチや、筋力のトレーニングをする運動療法があります。

この運動療法は、ストレッチにより痛みを感じて筋肉が緊張状態となってしまっているのを改善したり、頚椎にかかる負担を軽減できるような筋肉を、トレーニングにより鍛えるというのが目的です。他にも頚椎ヘルニアの際には物理療法や理学療法といった保存的治療が施されます。