運転手の腰痛を防ぐ会 » カイロプラクティックと坐骨神経痛

カイロプラクティックと坐骨神経痛

カイロプラクティックの適応症の1つに坐骨神経痛があります、初めて聞いた方はなにやら不思議な名前だ、と感じると思いますが、知る人ぞ知る、とも言える症状です。

例えば腰痛の中でも代表的といわれる椎間板ヘルニアがありますが、このヘルニアでも主訴であるのがこの症状です。またこれは病名ではありません。

坐骨神経が何らかの原因で圧迫を受け、このことで臀部から足先までの様々な部位に現れる症状を呼ぶ名前です。

ヘルニアだけではなく、ちょっとした筋肉の調子が悪い場合にも出ることがありますが、ではカイロプラクティックではどのような治療をするのでしょう?

まず坐骨神経の圧迫の元を探し出すことから始まります。そして次にはその圧迫の原因を探し、圧迫部分への負担を取り除いていきます。

神経圧迫ですから主には筋肉のバランスが悪い場合が多いですが、その施術方法はたくさんあります。腰椎や骨盤を手技などで調整したり、ホットパックやアイシングなどのリハビリでもお馴染みの理学的治療や、テーピング、ストレッチやエクササイズなども行われることが多い治療法です。

また椎間板ヘルニアが原因であれば病院での治療ではないか、と考える方も多いと思いますが、この病気も状態によってはカイロプラクティックの適応症となります。

つまりは手術をしなければならないほどの重度のヘルニア以外はほとんど治療が可能です。

筋肉や骨格、神経などの機能を正常化させ、他にはストレッチなどによって重力的な負荷を取り除いたり、自宅でのリハビリ法をアドバイスするなどが主な治療法です。

ヘルニアかどうかもわからない、ただ脚に放散するような痺れがある、という状態でカイロプラクティックにかかる方もいますが、やはり病院で一度は検査を受けるのが無難です。

カイロプラクティックでもレントゲンやMRIの結果があればそれ相応にスムーズな治療をすることができるようになりますので、まず整形外科に行くのが無難です。